ソールの減り早すぎ!!レッドウイング フォアマン 8050 2ヶ月後の経日変化

レッドウイングフォアマン(8050)を購入して約2ヶ月が経過。

仕事の日はほぼ毎回履いていて、履いた日数を合計すれと40日ぐらい。

今回は仕事でガンガン履いている、レッドウイングフォアマン(8050)の経日変化を紹介します。

関連記事
その他のレッドウィングのワークブーツは下の記事で紹介しています↓↓
レッドウィング おすすめのワークブーツ10選【RED WING SHOES】

経日変化


僕の仕事は「家具・家電の配達・掃除など」をする、リサイクルショップの店員。

靴先のダメージは、仕事中、家具を乗せた木製の台車に靴先があたる時にできたもの。

フォアマンは頑丈な革を使用しているので、こんな傷はへっちゃらです( ^∀^)


2ヶ月使用しただけとは思えないくらい、すり減ったかかと。

iPhone6の歩数計で1日大体15000歩ぐらい、仕事中歩いたり、走ったりしていますが、それでも減りが早すぎますよね〜。


かかとの皺は、出張買取、配達などでお客様宅にあがったりしますので、靴を履いたり脱いだりする回数が多く、その度にかかとを潰したりしていたので、その時についてしまったもの。

靴べら使うわけにもいかないし、まぁしょうがない。
あじがでているということにしましょう。

お手入れ


そんな修羅場をくぐっている、フォアマンに感謝の気持ちを込めて今日はお手入れ。

お手入れ方法は、靴紐をほどいてミンクオイルをぬりぬり!!
それだけです(笑)


上の画像はお手入れ終了後の画像。
あまり変わったように思えませんが、とりあえずお手入れ終了です。

このペースだと1年ぐらいで、ソールかかと部分は、ほとんどなくなるような感じがします。

では、今後もフォアマン8050の経日変化を、ちょくちょく、紹介していきたいと思います。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です